《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。

 

レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。



《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:22/5/29

シェイプアップ中、皆さんは
休みの日をどんなふうに過ごしていますか?

平日の疲れをとるために
11時までゴロゴロして、
その後も家の中で待ったり過ごそう。

そんな休日もいいですが、
積極的に外に出かける習慣をつけると
シェイプアップにも効果的なんですよ。

外に出て、
人に見られているという意識を持つ習慣をつければ、
自然と自分を磨こうとします。

例えば…
有名人がキレイを保てるのは、もちろん努力もありますが、
常に「人に見られている」という意識を持っているからです。

皆さんも
有名人になったつもりで…とまでは言いませんが、
見られているという意識を持つことで、
歩く動作もキチンとした感じになるかもしれませんよ。

「ぼくのことなんか誰も見てない!」なんて思わずに
勘違いでもいいから、外に出たら、
常にみんなから見られていると思ってみてください。

やせてキレイになるためには、
まずそういう意識を持つことが大事なんです。

また外出するということは、
歩く時間が増えるということにもなりますよね。

特に買うものがなくても、
ウィンドウショッピングを60分もすれば
それはもう立派な有酸素運動になって
体質にたまった脂肪の燃焼を助けてくれますよ。

さらに、
「人に見られている」という意識を持っていれば、
自然と背筋が伸びて姿勢も良くなって、
これだけでもシェイプアップ効果がありますね。

外出には、ストレス発散の効果もあります。

家で黙々とシェイプアップするのもいいですが、
休みの日は外に出て、外の空気を吸って体質を動かして、
自分の好きなウインドウショッピングまで出かけてみるのもいいですね。

ご飯制限でたまったイライラも、
外出することである程度は発散できるはずですよ。