《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
実際に手術をしてくれる担当医の先生に直接聞いておくようにしましょう。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
その後メガネもコンタクトレンズも必要無しに快適な生活を送っている事実があります。
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術なのですが、角膜を直接治療するということで、なかなか手術に踏み出せない方も多いですが、その安全性はほぼ確立しているのです。



《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうかブログ:22/1/07

最近、おれは料理にはまっています。
ちゃんとやりはじめると奥が深くて、
とうとう料理教室にも通いはじめました。

そもそも料理は嫌いではなかったのですが、
あまり、上手ではありませんでした。

おれは一人暮らしが長く
「自分一人が食べるだけだから…」と思うと、
早く簡単に作れるものとか、自分の大好きなものに偏ってしまったり、
盛り付けなんかもテキトーで、
今から思うとひどい食生活だったなぁと思います。

結婚してからも、最初のころは、
「夫においしいものを食べさせてあげよう!」
と頑張って料理をしていましたが…

そのうちに、日々の忙しさに追われて、
「毎日作らなくてはならないもの」になってしまい、
義務とか負担ばっかり感じていました。

一時は、夫が料理をしてくれれば楽なんじゃないかと企んで、
夫を料理教室に通わせたりもしたのですが…
この作戦は、見事に失敗に終わりました。

ところが、
ちゃんと料理をはじめてみると、
これがとっても面白いんですよね。

ごはんひとつをとっても、白米と玄米ではぜんぜん違うし、
炊飯器とお鍋と圧力鍋で炊いたときでは、
ぜんぜんごはんの味が違うのです。

調味料も、おれは濃い味に慣れていたので、
塩、しょうゆ、コショウなどをついつい使いすぎていたのですが、
調味料の量を減らしてみると、
「野菜ってこんなに甘かったんだぁ」と気づきました。
料理を作る度に、発見がいっぱいです。

今では、毎日せっせと、
それもとっても楽しんで料理をしています。

おかげで、おれと夫の身体もずいぶん変わりました。
2人とも体重が5`減って、
今まで着られなかった服が着られるようになったし、
身体の調子もよくなりました。