《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。



《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:22/6/26

一見、ちゃんとした料理なのに、
子供の咀嚼回数が減ってしまうのは、
お母さんが料理で野菜を細かく切り過ぎてしまうからである。

野菜を細かくしてしまうと、
食物繊維が粉々にされるので、
子供はそれほど噛まなくても飲み込むことができてしまう。

そのため子供はろくに噛みもせず、
食べ物を流し込んでしまうのである。

まず要注意なのは、ハヤシライス。
ハヤシライスを作る時に、人によっては野菜を細かく切り過ぎてしまい、
子供はハヤシライスを飲み込む以外に手がなくなってしまうのだ。

野菜を細かく切るからこそ、
ハヤシライスが飲み物になってしまうのであって、
きちんとした食事にするためには、
野菜を大きく切って飲み込めないようにした方がよい。

シチューも同じことであって、
野菜を細かく切り過ぎてしまうと、
シチューをクチに入れた際、
全然噛まなくてもいい状態になってしまう。

高級レストランなら、
そういう料理が出されれば美味しいと思えるが、
家庭料理でそのような料理を出そうものなら、
お母さんとしては失格なのだ。

美味しい料理を出すだけでなく、
その料理を子供がどのようにして食べるかまで想像できなければ、
子供にきちんとした愛情を注ぐことはできないと思う。

お母さんとしては
毎日食事を作らなくてはならないので、
安易に子供の要望に応えてしまう危険性がある。

でも
子供の顎を鍛えるためには、
子供の好きな料理を出し過ぎてはいけない。

子供は楽して食べられるから、
どうしても柔らかい料理を好む。

子供に堅い物を食べさせ続けるためには、
ひと月単位で献立を作っておくべきである。

毎日思いつきで料理をするのではなく、
料理の計画表を作っておけば、
食事のネタに困ることもない。